遠州まほろばの会

非常措置について

未曾有の大災害の元で、各地でいろいろ混乱が見られ、救援作業も効率的に行えない様子が見られます。
本来、政府の対策本部がもっと強力に指導すべきですが、正直今の政権にその能力があるか不安を感じます。

今般自衛隊の統合部隊が編成されましたが、陸海空角自衛隊の統合運用というだけで、その権限内容が明らかではありません。うがった見方をすると、不手際や不満の捌け口としてのスケープゴートにするつもりかと疑いたくもなります。

この際、被災者の捜索、救助、遺体収容等に関して、すべての権能をこの統合部隊指揮官に委ねたらどうでしょう。自衛隊だけでなく、各自治体の関係機関(警察、消防、消防団、状況によっては病院も)、当該エリアに出動した海上保安庁、当該エリアを管轄する航空管制等をその指揮・統制化におくことです。外国からの支援部隊、米軍との調整もここで行わせます。
言い方を換えれば、捜索救護に関わるすべてのリソースを一元運用させようとするものです。政府は物と金を準備してこれを支えるのです。

見方を変えれば、一種の「戒厳令」下におくことです。住民に対する強制力は、被災地の方々の落ち着いた状況から必要ありませんので、諸外国における「戒厳令」とは意味合いが異なりますが、権限の集中という意味であえてこの言葉を用いました。

今後の遺体収容において、自衛官が発見しても警察官の検証を受けなければ動かすことができません(御巣鷹山ではそうでした)。であれば、最初からチームを組んで活動すれば良い。
交通規制も、捜索活動、被災者の輸送活動に大きく影響するので、現場に権限を委任すればよく、それを自衛隊、警察、消防団等が一体となって運営すれば良い。
被災地上空を特別管制区に指定し、無用な報道ヘリを規制し、被災者や患者の空輸を迅速、安全に行えるようにする。 等々

政府は、原発対策に集中する。各県等自治体は復興に集中する。
被災者のためには、このような非常措置も必要なのではないでしょうか。




コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


 

同ジャンル・関連ページ