遠州まほろばの会

富士総合火力演習

23日の富士総合火力演習予行を見学してきました。

領土問題に懸案続出の折、ナレーションも時宜に適した(?)内容となっており、観衆の注目度も高まったのではないかと思います。

平和な時代に育って観念的にしか武力行使を考えられない方々には、是非このような演習を見学して、大砲の発射音だけでも記憶にとどめて安全保障を論じてもらいたいと思います。

一つ要注意なのは、陸上自衛隊の砲は百発百中と早合点しないで欲しいということ。

演習では見事に命中させていますが、周到な準備があっての賜物で、実際の戦場ではなかなかそうは行かないことと、その技量をあげるためにも不断の演練が必要だということです。

本日、まもなく最終予行が始まり、明日が本番です。時期が時期だけに、全部を中継すれば面白いと思いますが・・・・・・。

もし明日出かけられる方がいらっしゃいましたら、くれぐれも熱中症対策を怠りなく。小生、腕も首も真っ赤です。

写真はAH-64 アパッチ・ヘリと10式戦車です。コンパクト・カメラなので、この程度の写真しか撮れず申し訳ありません。



1件のコメント »

  • こんにちは!
    私も同じ日に行きました♪
    自衛隊の素晴らしさと訓練の完成度の高さを
    体感でき、大変有意義に過ごしました。

    暑かったですが、自衛隊の方は
    暑さの中、寒さの中、雨の中、お天気に関係なく
    日本の為に毎日毎日頑張って下さっている事に感謝です。
    また機会があったら是非行きたいと思います。


コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。


 

同ジャンル・関連ページ