一人っ子は友達ができない!?沢山の友達を作る『5つの』方法!

一人っ子がともだちを作る方法

沢山の友達を作る5つの方法!
一人っ子は本当に友達ができない!?

沢山の友達を作る方法は?

一人っ子は友達が本当にできにくいのか?などの解説や友達をつくるための解決方法、より多くの友達を作る方法をたくさん紹介します!人生をもっと楽しく生きるために生活支援情報を提供させて頂きます!

これを読んでくださる皆さんが、今後もっと人間関係(対人関係)が上手くなったり、会話術やプラス思考になるための改善方法を学んだりして、より幸せな生活環境づくりができるサイトにしていきたいと願っていますので、ぜひ最後までご覧ください。

一人っ子の人間関係の問題!

一人っ子がともだちを作る『小さな頃の人間関係が、今後の人生を大きく左右する』と記載しました。そして、人間で生まれた以上、小さな頃でも沢山の人間との交友があればあるほど、沢山魂は磨かれ、色々な個性とめぐり合い、己の魂は磨かれ、どんな人間とも、そつなく対応できるような考え方になっていく事も少なくありません。

反対に言いますと、小さい頃に、色々な方々に出会う事や、残念ながら兄弟の少なさから、兄弟喧嘩で成長をする事もなく、知恵も備え付けられずに、育っていく方々もいる方々も少なくありません。

その結果、「大人になったけど、なぜか友達が少ない!」「一人っ子だからかな~!」とか、「一人っ子だからワガママ!」とか、「空気が読めない!」などと言われている方もいると聞きます。

もちろん、それは本人が原因だけではなく、問題となる部分は、先ほど申したとおり、外部にありますが、そのまま、人付き合いが中々スムーズに行かなく、寂しい生活をするケースが多く、不満に悲しく思う人生は、悲しくもありますよね。

ただ、もちろん解決ができない問題などほとんど無く知恵を絞るなり、沢山の情報をえるなり、色々な事を学んで、それに対してしっかりと認識をして、自分を見つめなおして、向上心を高める事により、解決ができる可能性も、当然多々あります。

当サイトでは、そのような人間関係の問題で悩んでいる方々のための記事や情報もできる限り記載させていただきたいと思いますので、どうしても友達が少なくて悩んでいる方、「一人っ子で生まれて友達が少なくて、それの対応が中々できない」と思っておられる方に、もっとも適した文章も記載させていただきます。

経験や感動を積んで強く生きる!

あなたは今日まで生きていったいどれだけの経験をしたのでしょう。小さい頃、車にはねられ大怪我をした経験。小さい頃に習い事をしていて、努力の結果コンクールで金賞をとった。学校でいじめられ、数ヶ月引きこもりをした。死にたくなって手首を切ったが、親に発見され一命を取り留めた。大学を卒業してまもなく恋人ができた。交際して一年後、両親の承諾を得て結婚式を挙げた。

などなど・・・人によってさまざまな経験があるはずです。そのなかでも、人にどうしても自慢したい経験や、人には絶対言いたくないようなつらく恥ずかしい経験もあるでしょう。

しかし、誕生してきた理由のなかに「経験や感動を積む」ことが含まれていますので、決してつらい経験や苦しかった経験も忘れてはいけません。

私はつらい過去が原因で前に進めない相談者を相手に「過去の賞味期限は三日です。三日過ぎたと同時に頭の片隅にしまいなさい」といいます。

同じあやまちを繰り返さないようにつらい過去もけっして忘れてはいけません。失敗というものは成功するためにはなくてはならないものです。幸せになるためにもなくてはならないものなのです。失敗の数だけ成功の可能性が含まれています。不幸の数だけ幸せにつながる栄光の道が潜んでいます。

霊(たましい)の始まりを岩石として考えてみてください。この岩石は人々の感動(うれしい体験、つらい体験、面白かった体験、さまざまな体験)で、磨きがかかります。人々の喜怒哀楽によって磨きがかかるのです。

失敗を恐れずに勇気を持ってさまざまな経験をしていくと、研磨と回数が増え岩石から光を放ち、少しずつダイヤモンドに変わっていきます。それが生きるという意味なのです。

逆に、傷つくのを恐れたり失敗することを恐れたりして逃げてばかりいる人は他の人達よりも得られるものが少なく、もちろん霊が光りませんし、生まれてきた意味がないということです。

皆様には、同じ失敗は繰り返さないということを前提にしながらの波乱万丈な人生を望んでいます。些細なことでくよくよせずに勇気を持って、挑戦する気持ちを忘れず、他の人よりも大きな幸せや成功を収めてください。

いじめられないようにする方法

どうしても人間関係がスムーズにいかず、学校や会社、家族等でも問題が生じやすいという方に適したアドバイスを少し考えてみました。まず絶対的な点をあげると、いじめはいじめる側が悪いという点です。

自分が悪くないと考えるだけで少し気持ちは楽になりますよね。でも問題を引き起こしかねない要素がないかどうかを考えてみるのは良い点です。

例えば、いじめっ子はオドオドと自信がなさそうな子をターゲットにすることも多いです。そうであれば自分自身に自信を持てるような何かを行ってみると良いかもしれませんね。

スポーツが苦手という子供に親は無理のない範囲でできるスポーツを習い事とすることができます。勝ち負けにこだわった団体競技よりも個人で楽しめるスポーツがこの点でおすすめです。

あるいは、服装を少し変えるだけで自信につながることもありますよね。何かイヤな事を言われた時には笑いで返せるように、前もって準備しておくこともできます。

いじめっ子を変える事はできなくても、自分自身が変わることは自分の頑張りで可能な点があります。

いじめに遭うというのは本当に残念な事です。親や地域の大人たちが止めなければならない点です。少しでもこうした悪しき行動がなくなるよう協力していきたいですね!


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。