【永久保存版】歳をとっても健康的に幸せに笑顔で生きるために!

笑っている老夫婦

歳をとっても健康的に
幸せに笑顔で生きるために!

健康的に幸せに笑顔で生きるために!

普通に私たちみんなが願うのは、「歳をとっても健康的で幸せに、笑顔の時間を増やしながら生きていきたい!」ということですよね♪

でも、実際はそう思うようにいかないのが現実ですよね。家庭の問題、お金の問題、健康の問題等々ふって湧いてくるような色々な頭を悩ませる問題があります。

そのため残念ですが「そんなに長く生きなくても良いや・・・」とか、「俺一人で静かに誰にも迷惑をかけずに死んでいくよ」なんて思ったりしている方が多くいるのも事実です。

では、なぜみんなが幸せに生きようと願っていても幸せになれないのか?まずその点から考えてみる必要もありますよね。

そこで皆様に質問です。本当の幸せってなんでしょうか?私自身クライアントの方に「幸せに生きるためにどのような事を考えれば良いのでしょうか?」なんて聞かれたりします。

でも、答えは簡単です。「幸せに生きている!俺は(私は)今幸せだ!」って思えば幸せなんです。逆に『不幸だと思えば何時までも不幸』という意味にもなります。

『地獄極楽は胸三寸にあり』という言葉もあるように、今幸せに人生を生きている!こんなに幸せな事はない!日本に生まれて良かった!家族に支えながら、友達に支えられながら、色々な人に出会って時に怒られ、殴られ、喧嘩をしたけれど、それで『自分の短所、長所を少しでもわかる事ができた!全てに感謝だ!』

そんな風に全てをプラスに思える事が出来れば、悔いなく死ぬことができますが、逆に何故このような考え方しか持てない人間になったのか?あの時にもっとこうしておけば良かったとか、今までに辛い思い出しか出てこない!なんて思っていた場合は、当然後悔と失望の人生を生きる事に繋がります。

今の状況によって幸福かどうかが決まるのではなく、その状況をどのように捉えるのかで幸福度は大きく変わってくるということです。また将来への望みや希望を持てるとそれも大きなポイントになってきます。

それはタイトルで記載した通り、長く健康に生きるための妨げになりますし、お金や財産にも恵まれない人生を歩みやすいでしょう。よしんば財産を手に入れたとしても、マイナス思考になりやすい性格なら決して幸せな人生を歩む事は困難なはずです。

話をまとめますと、いつまでも幸せに生きるという事を考えるなら、まず自分は幸せな環境にいるという考えを再認識する事が大切といえます。そして、常に周りの人に支えられて生きているという事も常日頃思える人間であり続けていく事が大切と言えるでしょう♪

健康を維持するための基礎的な考え方

元気なお年寄り先ほどは幸せについてお話しましたが、今度は健康について考えていきましょう♪先ほどもお話した通り、健康的な考え方、くよくよ悩まない前向きな性格が健康を維持するための最低条件になります。

笑ったり、感謝したり、幸せだと感じる時に出るベータエンドルフィンは老化予防、癌の予防に最適でもありますので、毎日を楽しく失敗を仮にしても、これも人生の勉強だとプラスの考えで生きていくようにしてください。

もちろん運動も忘れずにすることも大切です。私の場合は2日に1度登山に行き、足りない分は2~3階まであるデパートの階段を3度くらい往復したり、歩道橋を見つけたら車を近くにとめ15分前後往復したりします。

登山は約1時間くらいの早歩きで終わらせますが、世界経済、政治、思想哲学等々今後の人生の役に立つ情報を考えながら運動をしています。

もちろん、運動をしながら色々な人と交流を深めるという事も出来ればしてほしいですが、一人、二人で運動をするなら、そのような人生勉強、情報収集を行う時間も大切ですし、飽きずに運動を続けられるのでおすすめができます。

もちろん、世界経済、政治、思想哲学なんか今の所ぜんぜん興味がない!なんて思われる方もいらっしゃいますよね。その時は自分の好きな音楽、ヒーリングミュージック、落語等々自分が今必要なものを運動をしている最中に取り入れていく事も合理的な考え方だと思います。ただ、動画を見ながら登山等は危険なのでしないようにしましょう♪

健康維持に結びつく食料、食べ方は?

健康維持を考えるなら当然何を食べるか、食料は何を選ぶかなどは重要な問題でもありますよね。いくら運動をしても食べ方、飲み方、選ぶ食料などが悪ければ、当たり前の話長生きに結びつかないし、病気になる可能性もあります。

ですので、ここでは分かりやすくするために区分けをして食べ物、飲み物、食べ方、飲み方などの説明をしていきたいと思います。

しっかりと何度も噛みながら食べる。

ご飯を食べるおばあちゃん噛む量を増やすことが健康に結びつきますのでその点は注意しましょう。噛むことによって癌を抑制する唾液が出ると言われていますので、噛む回数は特に増やすよう心がけましょう♪

私も若い頃は蛇のように食べ物を丸飲みすると周りの人に言われてきましたが、注意するようにしています。

よく1時間はテレビを見ながらゆっくりと食事をするとか言われておりますが、1日は24時間しかないのも事実なので、病気で困っている場合でない限りそこまでする必要はないと思います。ですが、自分の今後の人生に役立つ情報などをキャッチする時間と、食事の時間がマッチしている場合は、ゆっくりと健康的な食事ができるかもしれませんね♪

満腹中枢を満たしたい方に!

食事の時はやっぱり満腹中枢を満たして終わらせたい!なんて方もいらっしゃいますよね。でも、お腹いっぱいにするためにご飯、炭水化物などを大量に体内に入れれば、当然それなりの反動が来ますし、それを一日三回してしまうと、大きな病気などに影響してくる可能性もないわけではありません。

でもどうしてもお腹いっぱいにしたい!なんて方は味噌汁、お茶、水等々を食べ物の隣に置きバランスよく摂取していく方法をおすすめします。水分を途中にいれるだけで満腹感は変わってきます。

また昔からの知恵の一つとして「三角食べ」というような事を聞いたことがあるかもしれませんね。おかず・ごはん・汁物を順序良く食べる事です。栄養や食べる量のバランスを保つ良い方法のひとつかもしれません。食べるということだけでなく、何を食べておなかを満たすのかという事をしっかりと考えておけば大丈夫です。


同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。